スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP(環太平洋連携協定)について

最近よく聞くワードですね。
とくに農業、酪農に関しての反対が多いように感じます。
外国のものが安く入ってくれば、日本の農家は大打撃を受け、
農業・酪農をやめざるをえない状況になる、ということみたいですね。

難しく微妙な問題ですが、賛成か反対かと聞かれれば私は賛成です。

いままで手厚く保護されていた農家が、過酷な自由競争の中に投げ出されて、
はたして生き残れるのかと思いますが、
逆に日本も外国に輸出しやすくなるわけですから
いいものを作っているという自負があるならば
むしろ外国に売り出すチャンスなんじゃないのかな~

もうすでに中国市場に日本の果物や牛乳は高級品として売られているわけだし、
農家を手厚く守ってきた結果が、今の元気のない農業であるならば、
日本の農業を日本国内で守っていくという考え方は、
改める時期に来ているような気がします。
農家の後継者問題は、農業=儲からないという図式ができあがってるのが原因であるなら、
外国にもどんどん進出して、農業=儲かるということになれば、
おのずと後継者問題も解決していくのではないでしょうか。

もしかしたら、外国のものが大量に入ってくることによって、
逆に国産のものが見直され、むしろ国内需要が高まる可能性だってあるわけです。

j0430659.jpg

いままでの農家は、作って、価格も決められずに出荷するだけで、
それでは儲かるわけありませんよね。
これからは自分の作ったものに付加価値をつけて、
納得いく価格で買ってもらう販路を確保しなければならないと思います。
付加価値といっても、加工とかだけではなくて、
高品質のものというのも付加価値だし、
胸を張って出せるというものならば、自分ブランドにしてしまえばいいんです。
ファーマーズマーケットやレストランや、地元のアンテナショップなどに
自分ブランドで顔の見える売り方、売り込みをしていくのが理想ですね。

ただ、そこまでできるのはほんの一握りの農家かもしれません。
そこで農家と市場をつなぐ企業が、もっともっと出てきてほしいなと願います。
外国市場だったり、レストラン事業だったり、加工品工場だったり、
いろいろな可能性と農家をつないでくれる企業があって、
その企業が需要にあうものを作っている農家をチョイスしていく。
いわば農家と市場をつなぐ派遣業社のような
そのなかでもちろん農家側との価格交渉もあるわけだし、
また、そういった企業に選んでもらうように、
いいものを作ろうっていう努力はしなければならない。
そういった努力さえできないのであれば、
それはもう、厳しい言い方かもしれませんが、
淘汰されても文句は言えないと思います。

j0426591.jpg

いままで守りに徹していた日本の農業のあり方が、
逆にこんどは海外に目を向けていく時期に来たように思えます。
ピンチをチャンスに変えていってほしいと願います。


スポンサーサイト

theme : 農業
genre : 就職・お仕事

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

エコ村の管理人さん

Author:エコ村の管理人さん
湘南在住。白黒猫のちーちゃんとエコロハスな生活をプロデュースしています♪

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
ペットショップに行く前に!
地域別に里親募集しています。 あなたの助けが必要です!
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。