スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットと一緒に住める仮設住宅

先日知ったことですが、被災者の方のための仮設住宅はペット不可だったりするんですね
一緒に住めるのが当たり前だと思っていたのでショックでした
私だったら、姫ちーと一緒に住めないなら仮設住宅には入らないなぁ。
だって私にとっては家族ですから!
当然です!!

・・・ということで
ペットと一緒に住める仮設住宅を作ってほしい!という署名をやっているそうです。
ポチたまでおなじみの松本秀樹さんが活動していらっしゃいます。
詳しくは《松本秀樹のNatural Dog Style》の「東日本震災Pet救済プロジェクト」をご覧ください
署名活動は4月30日(消印有効)ですので、お早めに

K3300001 (3)


横浜市では避難の際にはペット同伴が義務だそうです。
逆に置き去り禁止ということ。
災害避難時の区の災害本部に届け出をすれば、
ケージやペットフード等の支援もしてくれるそうです。
詳しくは横浜市の「災害時のペット対策」(PDF文書)をご覧ください。
すべての都道府県でもこういった対策をしていただきたいものです
茅ヶ崎市は推奨はしているものの、具体的な支援等はないようで、
ケージやペットフード等は自分で用意しなくてはならないみたいです。
もしそういったものが持ち出せなかったらどうなんだろう・・・?
ないならだめですって門前払いで避難所に入れないのかな?

阪神淡路大震災の時もそういったペットに関するもめごとは多かったみたいですね。
犬猫が嫌いな人もいるし、災害時ってただでさえ恐怖と疲労でイライラしたりするから、
よけいに些細なことがトラブルになったりするんだろうね。
ウチの姫ちーなんてキャリーバッグに入れただけでも悲痛な鳴き方するし、
外に出したらパニックで過呼吸になっちゃうし、
とても避難所でおとなしくできるとは思えない・・・
難しい問題ですね。

スポンサーサイト

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

エコ村の管理人さん

Author:エコ村の管理人さん
湘南在住。白黒猫のちーちゃんとエコロハスな生活をプロデュースしています♪

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
ペットショップに行く前に!
地域別に里親募集しています。 あなたの助けが必要です!
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。